大人の発達障害 ADHD アスペルガー PDD 高機能自閉症

脳の情報処理とは?

皆さんの脳は、簡単に表すとこのような働きをしています。

この脳の一連の情報処理の途中で、どこかの部位に何らかの機能障害がある、話す・聞く・行動する・感情を表すなどの際に、うまくいかないことがあります。
>ワーキングメモリーとは

①音や声がみんな同じ強さに聞こえてしまう
②教室の中で先生の話に集中できない
③集団の中で支持が聞き取れない
④似た音を聞き誤る
⑤声での指示がわかりにくい
⑥一生懸命に聞いていても内容が理解できない
⑦周りの様子を見ながら行動するので出遅れる
⑧勘違いのような行動が見られる
⑨落ち着きがないように見える

①話しているうちにどんどん話がずれてしまう
②指示されたことを忘れて何度も聞き返す
③いくつかの用事を頼んでも、それらをこなせない
④少し前の作業を忘れてしまう
⑤ある行動を始めたのに、他の言葉や音につられて違う行動になる

1)注意記憶障害(右前頭葉〜頭頂葉機能)
①注意が安定して持続しにくい
②たくさんの情報から集中して選択できにくい
③注意を他に向けることが難しい
④同時に2つ以上の情報に気を配ることが難しい

2)遂行機能障害(前頭葉機能)
①モチベーションをもちにくい
②計画をすることが困難
③試行錯誤できにくい
④持続しにくい
⑤反省しにくい

①依存性が高くなる
②感情調整がうまく行かない
③欲求調整がうまくいかない
④意欲・発動が低下する
⑤固執性が出てくる
⑥多弁・多幸になる
⑦共感性が低下する

①継次処理(前頭葉〜側頭葉)
ひとつずつ、正確に、順序だてて、言語的に
作業や課題の取りくみ方がわかっていたり、モデルがあると上手にできますが、自由度が高いと優先順位がつけられずに混乱します。

②同時処理(頭頂〜後頭〜側頭葉)
一度に、おおまかに、全体的に、視覚的
自由度が高くても混乱することなく、優先順位を決めながら作業や課題に取り組めますが、おおざっぱで正確さに欠けます。
講師派遣について

ご予約受付・お問い合わせ

基本的にメールにて承ります。
ご相談フォームからご連絡いただけますようお願い申し上げます。

▼お電話の場合
10時〜18時

不在の場合には、留守番スタッフにご用件をお知らせください。担当者から折り返しお電話させていただきます。

ご相談曜日・時間

ご都合にあわせて決めさせていただきます。